●トップ[runblack.com]東京パノラマ計画 > 水道橋@神田川 < 海抜ゼロメートル日誌

水道橋@神田川

ムービー画面上でカーソルを動かしたい方向へドラッグして下さい。ドラッグ途中でボタンを離すとそのまま回り続けます。

水道橋の手前(東側)。JR水道橋駅の下。両岸は垂直のコンクリート護岸にてとりつく場所なし。上は白山通りと靖国通り分岐の道との交差点なので交通量はかなり多いが、川面はやはり静か。話し声が両岸で反響する。右手前方は暗渠の分岐口で、中に入ると空気が淀んでかなりの臭いが充満してる。この入り口部分の奥から暗渠が東西に伸びている。暗渠の入り口から先を覗いても1m先も見えない漆黒の闇があるだけ。カヤックで入ると命の危険があるであろう禁断の場所。
水道橋をくぐり過ぎてすぐ右手(北岸)に市兵衛河岸の小桟橋あり。今年改装設置された新しいもの。上がってゆっくり休憩できる。ゴミ舟なんかがが通ると引き波でえらく揺れる。波が減衰するのに時間がかかるためしばらく揺れ続け、あやうく船酔いしそうになった。
撮影日2002年6月/撮影カメラ:NikonCOOLPIX800+ワイドコンバータ/パノラマ作成ソフトApple QTVRAS/撮影&QTVRパノラマ作成:黒崎浩爾/カヤック:ファルホーク・バレント


マウスで画面操作は:カーソルを画面上で動かしたい方向へドラッグして下さい。ドラッグとはボタンを押しながらマウスを動かすことです。 動かす向きに合わせてカーソルが変化します()。
ドラッグ途中でボタンを離すとそのまま回転し続けます。
キーボードで画面操作は:シフトキーでズームイン、コントロールキーでズームアウト。
カーソルキー(↑↓→←)で上下左右。(環境によってはうまく制御できない場合もあります)

QTVRパノラマを観るにはブラウザにQuickTimeプラグインのインストールが必要です

東京パノラマ計画へもどる | サイトトップ(runblack.com)へもどる | 海抜ゼロメートル日誌へもどる

このページ中のコンテンツの著作権は黒崎浩爾にあります。
(C)Koji Kurosaki all right reserved.
Copyright allows for viewing and personal use only